社会貢献プロジェクト

私たちはSTEMスキル活用の実践の場として、自治体または企業と協力して実際の地域・社会課題を解決するプロジェクトを進めています。 
以下、各プロジェクトの概要になります。

除雪プロジェクト(福島県会津若松市) 

会津の除排雪問題の解決

豪雪地帯である福島県会津若松市の冬の時期(12月〜3月)には除排雪に関して市民の要望・クレームが自治体にたくさん寄せられる。そこで、市民の要望・クレームにスムーズに対応するために、自治体が所有する公用車に設置している加速度センサーから道路状況の凸凹を即座に可視化できるWEBアプリの開発を行っている。 

シブカツプロジェクト(東京都渋谷区)

渋谷区のシニアの生涯活躍の支援

現在、少子高齢化の影響に伴い労働人口が減少しているため、健康的な高齢者を増やす必要がある。そこで、私たちは、55歳以上のシニアを対象にした生涯活躍を支援する渋谷区のサービス「シブカツ」と連携した。また、職員を加えたデザインシンキングワークショップを行い、施策を提案している。 シブカツを通してシニアが活躍できるよう、 渋谷区の福祉課と連携しながら、施策を練って実証実験を行なっていく。 

介護プロジェクト(福島県会津若松市、神奈川県横浜市) 

食事管理で介護予防 

配食サービス利用者の栄養状態を可視化し、食の面から健康寿命を延ばすことで、そもそも介護状態に陥らない高齢者を多くしようという試み。「生きたいのに食べられない」高齢者に対して食事方法の提案や補助食品サポートを行い、個人にあった方法で食生活の改善を行う。企画協力の元、スマートフォンを主としたアプリ開発を進めている。 

介護士と高齢者のマッチングサービス 

高齢者がもっと自由に介護サービスを選択できるよう、介護保険サービスと自費サービスを組み合わせた在宅介護の提供を目指す。高齢者の選択肢を広げるだけでなく、サービス提供側である介護士も自由に働けるよう、介護士と高齢者のマッチングにより、高齢者の「いつでも、何でも」を実現。高齢者が介護の依頼をスピーカーへ話し、介護士側はアプリを使ってマッチングを行う。現在はスピーカー・アプリ開発を進めている。